2015年02月13日

高速道路SAで買う、塩味生大福

何年か前にSAでたまたま買って食べた生大福
これがびっくりするほど美味しくてがく〜(落胆した顔)
霧の森大福を初めて食べたときにも負けないくらいのインパクトで
ずっと頭の片隅にぶらさがってました

やわらか塩味生大福.jpg

ちとせの『やわらか塩味生大福』 久々のゲット〜手(チョキ)手(チョキ)
「塩味」と見れば、赤穂の塩味饅頭(しおみまんじゅう)が思い浮かびますが
この生大福も 「しおみ」生大福ですドコモポイント

売ってるのは 山陽自動車道龍野西SA しかも上り線限定exclamation
最近はさっさと新幹線に乗ってしまい、なかなか山陽道を走る機会もなくなってもうやだ〜(悲しい顔)

塩味生大福8入.jpg

こちらは8個入り
冷凍状態で発泡ケースに入ってて持って帰りやすいです
その場で食べれる、解凍されたひとつ売りもあります

塩味生大福.jpg

恒例の断面ですが
案の定くずれましたあせあせ(飛び散る汗)
赤穂の天然塩と北海道の原乳を使用してるとありますが
特に生クリームのミルク感が気に入ってて
ほんのり塩味の小豆餡と合わさるとえらい感動することになります

山陽道を走られる際は、是非

■メモ■
商品名:やわらか塩味生大福
販売者:田舎の大福屋 ちとせ
入手先:山陽自動車道 龍野西SA(上り線)
値 段:1,400円(8個入り)

■買えるところ■
山陽自動車道 龍野西SA上り線
田舎の大福屋ちとせ ウェブサイト

タグ:兵庫
posted by たいふぅ at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

銘菓。誉の陣太鼓。

誉の陣太鼓

熊本銘菓。香梅の誉の陣太鼓
熊本へ行ったので自分買いわーい(嬉しい顔)
くまもんパッケージも出てた♪でも、くまもんは箱だけ(;^^

誉の陣太鼓

箱の中はこれです
フォークは紙製になったんですね

子どもの頃、お客さんが帰った後、これが出てくると本当にうれしかった
あんの中の餅(求肥)が宝もんみたいでぴかぴか(新しい)
今思うと、熊本からのお客さんがよくうちに来てたってことかな。。
なかなか食べる機会はないけど、今でもアルミカップごと十字に切り込みを入れるときはわくわくするわーい(嬉しい顔)

くまもんパッケージの中は中央にひとつ陣太鼓
その周りにチビサイズ陣太鼓がぐるっと入ってた
ハーフサイズのこの陣太鼓は「特製 誉の陣太鼓」っていうようです
このサイズ、いい手(チョキ)

お店で 「なんやこれ目??」 と思ったものが
白い陣太鼓?
『創業65周年記念限定 白小豆陣太鼓』と
もらってきたパンフには、予約限定商品で受付期間は10/1〜11/30ってなってるけど
さっきネットで見てみたら『完売御礼』の文字がく〜(落胆した顔)
え?どうなん??
白小豆陣太鼓のページ(公式サイト)

■メモ■
商品名:誉の陣太鼓
製造者:お菓子の香梅
値 段:筒型4個入り(写真右)713円
入手先:熊本城香梅庵

■買えるところ■
香梅各店舗
香梅オンラインショップ
楽天市場で買えるお店
タグ:熊本
posted by たいふぅ at 22:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

山形おみや。だだっ子とだだっパイ

庄内だより


山形へ行くけどお土産何がいい?
山形・・・?東北は全く行ったことないし、縁のないエリアもうやだ〜(悲しい顔)
調べて3つほどリストアップ右斜め上
で、買ってきてくれたのが、清川屋(きよかわや)の庄内だより

だだちゃ豆がちょうどシーズンのようなので
ほんとは豆現品がほしかったけど・・・持ち帰りのこともあるし若干遠慮して
だだちゃ豆を使った和菓子、だだっ子にしてみた

だだっ子

だだっ子
豆の味はほとんどしなかったけど、あっさり美味しい餡の焼饅頭
和三盆を使ってて上品な味。思ってたより本格派。

庄内だよりには、だだっパイてのも入ってた
だだっパイ

だだっパイ
パイ生地とだだちゃあんがよく合ってる!
和洋どっちにもいけて美味しい◎

清川屋は『ほわいとぱりろーる』ってのが人気のようやけど
ロールケーキはおなかいっぱいなんで、自分からは買うことはないやろーな

ちなみに、他にリクエストしたもの
・卯月製麺のそば
・腰掛庵のわらびもち
今回は食べれなかったので、山形物産展を見かけたら探してみよう

ということで、ご馳走さま♪

■メモ■
商品名:庄内だより
販売者:清川屋(山形県鶴岡市)
入手先:いただきもの(山形空港で買ってくれた)

■買えるところ■
清川屋各店舗:鶴岡本店、鶴岡インター店、庄内空港店、山形空港店、酒田駅店ほか
清川屋オンラインショップ
清川屋楽天市場店
posted by たいふぅ at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

福壽堂秀信の「ふくふくふ」

福壽堂秀信ふくふくふ


帝塚山が本店、福壽堂秀信の和風蒸しケーキ「ふくふくふ」
しっとりとした食感が上品で、食べてて気持ちいい
この食感は職人さんの手作業のなせるワザ、と販売員さんが言ってたのも納得

大阪駅で伊勢丹に立ち寄りゲットした『てみやげMAP』
そこに載ってたのが気になり、買って帰ってきた
このMAPに載ってた内容、かなり使えそうなので次回アップします目

福壽堂秀信ふくふくふ(種類)


さて。ふくふくふ、3種類ありました
定番の小豆と抹茶、更に季節限定のなんとマンゴーがく〜(落胆した顔)
マンゴーは5月中旬〜8月下旬まで。
その後は、くり、チョコ、いちごと変わるようです

福壽堂秀信ふくふくふマンゴー


マンゴーは果実がしっかり感じ取れるのが嬉しいグッド(上向き矢印)
冷やして食べるとまた違った味わい
「食欲のない夏の朝に」とまたまた販売員さんのオススメ
でもこのマンゴー、試食で出すと女性と男性の反応がかなり違うらしい
おじさんには無難に抹茶を出すそうです(笑)

■メモ■
商品名:ふくふくふ
販売者:福壽堂秀信(大阪市住吉区帝塚山)
入手先:JR大阪三越伊勢丹
値 段:3個入り584円(税込)1個195円なので1円お得ドコモポイント

■買えるところ■
福壽堂秀信各店舗
福壽堂秀信ウェブショップ
posted by たいふぅ at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

鳥取駅で売ってるとち餅

もひとつ鳥取おみやプレゼント

鳥取駅構内のお土産売り場で一番目立ってた とち餅
試食をいただいて
『うん!帰りに買います手(チョキ)』と男前に立ち去るわーい(嬉しい顔)お菓子の壽城とち餅パッケージ
寿製菓・お菓子の壽城のとち餅(白)

お菓子の壽城とち餅
(白)って書いたのは、実はここのとち餅2種類あって
白と赤。何が違うかっていうと、あんこが中か外か目
あんこ中が白、外が赤。外包みも色分けされてた。

どっちも試食したけど、風味が豊かで美味しかったのは断然ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
赤は「赤福」のイメージ
餅としては成立してると思うけど、豊かなとちの風味があんこに消されちゃうかも

お菓子の壽城ってのはテーマパークみたいなところ
造ってるのは鳥取県米子市の寿製菓
もらったパンフによると、寿製菓、もともとは飴・キャラメルの製造会社。
その後、観光土産菓子へ進出し(そんな分野あったんや!)
あの「因幡の白うさぎ」を昭和42年発売右斜め上
平成5年に「お菓子の壽城」開城ハートたち(複数ハート)
栃の研究も長くしてるそうです

鳥取駅構内にある、オシャレな洋菓子のお土産屋さん「KAnoZA」
ここも寿製菓プロデュース。チーズを使った洋菓子のお店でした
チーズ繋がりかどうか…びっくりするような洋菓子屋さんがグループ企業になってた
なんと小樽のルタオがく〜(落胆した顔)
恐るべし寿製菓さん

白とち餅、気に入ったので鳥取に行ったらまた買うと思います
実はまた行く予定が手(チョキ)
賞味期間は9日

■メモ■
商品名:白とち餅
製造者:寿製菓株式会社
入手先:JR鳥取駅構内おみやげ街道
値 段:840円(8個入り)

■買えるところ■
お菓子の壽城
鳥取駅おみやげ街道など
お菓子の壽城オンラインショッピング




タグ:鳥取
posted by たいふぅ at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

茶の環。抹茶もみじ饅頭

抹茶もみじ饅頭パッケージ

広島おみやのド定番もみじ饅頭。こんなのいただいた。
茶の環(ちゃのわ)抹茶もみじ饅頭
いろんな餡のもみじとも、生もみじとも違う、第三の勢力か?

抹茶もみじ饅頭

ちょっと上等なパッケージの中に、トレイに載って入ってます。
贅沢です。

断面はというと…
抹茶もみじ饅頭断面

やられた!がく〜(落胆した顔)こうきたか!
すっかり抹茶餡が入ってると思ってたどんっ(衝撃)
抹茶の緑色ってなんでこんなに刺激的?しかも濃さに比例してドコモポイント
ホロ渋であずきの甘さがアクセント。
広島駅で買ったらしい。行く予定あるから探してみよわーい(嬉しい顔)

■メモ■
商品名:抹茶もみじ饅頭
販売者:茶の環(株)駿河園

■買えるところ■
茶の環楽天市場店

茶の環本店(広島市中区紙屋町2丁目3-3)
三越広島店内 茶の環ショップ、他



posted by たいふぅ at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

つつやの「五大北天まんじゅう」

つつや「五大北天まんじゅう」
津山の友人からもらった
御菓子つつや「五大北天まんじゅう」

津山には何回か行ってるけど、初めてご対面ドコモポイント
包みを開くと、ふゎ〜〜っと優しい黒糖の香り

手に取ってみてビックリがく〜(落胆した顔)
『えっ!?』
五大北天まんじゅう

『めちゃ薄いやん!!』

食べて美味しさにまたびっくりがく〜(落胆した顔)

こんなに薄いのに、やわらかくて、もちもちで黒ハート
ちゃんとあんこも入ってるるんるん
ふんわり黒糖の香りと、軽い後味で、つい2個目に手が伸びる

めちゃくちゃ気に入りました。ハイ手(パー)

一緒に入ってた説明によると
・冷凍保存ができ、電子レンジ等で蒸しなおし決定
・固くなった場合、冷蔵庫で冷やしてうすごろもをつけ天麩羅にがく〜(落胆した顔)
と。残らないけどね。

■メモ■
商品名:五大北天まんじゅう
製造者:御菓子つつや
入手先:いただきもの

■買えるところ■
御菓子つつや(岡山県津山市小原82−4)
タグ:津山 岡山
posted by たいふぅ at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

京菓子司 松楽の奥嵯峨

松楽の奥嵯峨


京都嵐山を苔寺の方に向かうと大きな赤い鳥居の松尾大社があります
その松尾さんの門前にある 京菓子司 松楽の奥嵯峨

松尾さんは好きで、1年に1回は訪れます
周辺に苔寺とか鈴虫寺とか、メジャーなお寺が多いけど、
松尾神社は観光客らしい人も少なく、落ち着いた雰囲気
お酒とも深い関係がある神様で、スピリチャルな空気が漂います

…お菓子に戻ってたらーっ(汗) 

松楽と言えば、12種類の色とりどりのおはぎがお土産に「売り切れご容赦」の人気ですが

松楽の京おはぎ


こういうの。中身はこうなってる

松楽の京おはぎ断面


私が必ず買うのは 奥嵯峨。

「京の静かなたヽずまいと緑の山を持つ奥嵯峨は今も昔のよさを充分に秘めた心の故郷です
 その山道を歩きながら踏みしめる土のやわらかさと苔の感触をお菓子にと思い作りました」
(奥嵯峨に入ってる説明より)

この説明が何よりお菓子をよく表現してます
目を閉じると奥嵯峨の苔の感触と山のにおいがしそうな
やわらかくて上品で、やさしいよもぎ餅ですハートたち(複数ハート)

松尾大社の中でも買えます


■メモ■
商品名:よもぎ餅 奥嵯峨
販売者:京菓子司 松楽(京都市西京区嵐山宮ノ前町)
入手先:松尾大社の中の松楽
値 段:忘れましたあせあせ(飛び散る汗)

■買えるところ■
京菓子司 松楽(web販売は生産が追い付かず2005年10月より見合わせ)


タグ:京都
posted by たいふぅ at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

村嶋のどら焼

デジカメの中の更新を待つおいしいもんが増える一方の今日この頃ふらふら
怒涛の更新がく〜(落胆した顔)をかけたいところですが・・・

共同管理人のはるちゃんが遊びに来てくれました新幹線
私が仕事に行ってる間、『久々に阪急でも行ってくる〜』

一番に目に飛び込んで、今日はこれやっ!と買ってきてくれた
村嶋のどら焼
村嶋のどら焼

なかなか買えない人気のどら焼。瞬時に察知するとは、さすがはるちゃんあせあせ(飛び散る汗)
村嶋のいちこ生、栗生どら焼

例によって重要な断面画像です(笑)
手前が「いちご生」後ろが「栗生」

なんとなく、「栗生」から
生どらのイメージで、勝手に口が生クリームたっぷりの味を想像してたら・・・
しっとりした生地に中に、
おぉっ♪あっさりしてるけど、深い味わいのクリーム
じんわり利いてくるおいしさ

「おいし〜いわ、これ」「ほんま」

和に洋を取り入れつつ、それでも和寄りな感じが決定
いちご生もさわやかでおいしい
どっちも食べて「栗やな」 意見が一致しましたハートたち(複数ハート)

店主の村嶋さんは、六花亭で修行された経験があるそうです

■メモ■
商品名:栗生どら焼、いちご生どら焼
製造者:村嶋
入手先:うめだ阪急本店

■買えるところ■
村嶋(大阪市西区北堀江2丁目)
うめだ阪急本店1F
posted by たいふぅ at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

遣唐使が伝えたお菓子。清浄歓喜団。

DSC01554.jpg

きんちゃくのような形で、私はどうもハクション大魔王のつぼを思い出さずにはいられないわーい(嬉しい顔)

京都八坂神社前にある、亀屋清永さんの清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)

奈良時代、遣唐使によって伝えられたお菓子で、日本のお菓子のルーツと言われている食べ物
しかも、昔の姿をそのまま伝えてると言う。
1回食べてみたかったひらめき

袋を解くと、ふわ〜と香り高い胡麻油の香り♪
硬い?のかと思ってかじってみたら、思ったほど硬くない!
かりんとくらいかな?

皮はニッキや中華系の味。そう、中華街で買うお菓子の味に似てる。

DSC01555.jpg

中身で〜す
餡が入ってました!甘さ抑え目、こちらも中華風。月餅の餡みたい決定

伝来当時は味付けされた栗や柿、あんずなどの木の実が入ってたそうです

好奇心で食べてみたいと思ってたけど、風味も素晴らしい!
是非是非食べてみてほしいお菓子です
亀屋清永さん、千年の歴史の味を伝えてくれてありがとうもうやだ〜(悲しい顔)

お店は八坂神社前です。清水寺界隈の散策でも立ち寄れますよ手(チョキ)

※トースターなどで軽く焼くと、いっそうおいしい右斜め上

■メモ■
商品名:清浄歓喜団
製造販売:亀屋清永(京都市東山区祇園石段下)
入手先:亀屋清永
値段:1個525円

■買えるところ■
亀屋清永
京都おいしい小路:京都にある企業・お店が加盟する総合ショッピングモール
タグ:京都
posted by たいふぅ at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。